肌断食~おすすめ純石鹸編。



ストイックにならない感じで
ゆるーくスタートしたオレ流・肌断食。

「とりあえずアイテムを変えてみよう」と。
チェンジしてみっか…みたいな。

結論から言うと、少し変えるだけでも変化がありました。

肌断食には賛否両論ありますが、
そこはためしてガッテンなのか情報収集&自己判断で。
希有的に肌断食にて良かった&オススメ諸々…ログしてご紹介。

 

因みに希有の肌スペックは乾燥肌&敏感肌。
肌は白い方ですが、故に薄くて弱いと皮膚科で診断を受けたことがあります。

 

 

チェンジ①メイク落とし&洗顔

肌断食中は“合成界面活性剤”が含まれていない
“無添加石鹸”が推奨されています。

純石鹸、って呼ばれているものです。

純石鹸ってなんぞや?って話ですが
“石鹸素地”や“脂肪酸ナトリウム”が記載されているもの。
とっても純度の高いシンプルな石鹸のことです。

見分け方のポイントとしては
成分表示に“石けん素地”や“カリ石けん素地”、
“肪酸名ナトリウム”や“脂肪酸カリウム”と記載してあるもの◎

無添加石鹸~とか石鹸素地とか…商品名に入っていても
余分な物っていたらそっくりさんってことですのでご注意おば。

 

 

で、試して良かったのはこちら。

ねば塾 白雪の詩/ねば塾

『パームバージン油だけを原料にじっくりと時間をかけて作った純石鹸。』
成分:脂肪酸ナトリウム(純石けん分)98%、水分、グリセリン

脂肪酸ナトリウムが主な原料のきわめてシンプルな成分の石鹸です。
(グリセリンは本来体内に存在する成分で皮膚科でも処方されます。)

【商品紹介】
パームバージン油だけを原料に、じっくりと時間をかけて作った純石鹸です。
固まる前に何度もお湯をくぐらせ、不純物を洗い落とし、
純粋な石鹸部分だけを機械錬にて無添加で仕上げた名前のとおりの真っ白な石鹸です。

もちろん色素、香料、エデト酸などの添加物は一切使用しておりません。
何にでも安心してお使いいただけるマルチソープです。

 

肌断食界隈では有名(?)な ねば塾。
手間暇かけて作られてるのにとっても安いんです!
1つ300円弱~で売ってます。
希有は用事ついでに東急ハンズで購入しましたが、薬局やネットでもお安く買えちゃいます。
アトピー肌にもオススメという口コミもありました。

 

希有は純石鹸のみの生活をする為に、
メイクアイテムを石鹸で落ちるものに変えました。
(後ほど紹介します)

ので、W洗顔いらずのただ一回の石鹸洗浄のみ。

朝なんてもっとズボラで、目オンリーをパシャパシャ水で洗うのみです。
朝はここんとこずっと顔(肌)を洗っていませんw

敏感肌故、過去にオイルクレンジングで赤みが出たこともあり、
砂漠化末期の時は、比較的肌に優しいと言われている
クリームタイプのクレンジングでも乾燥が悪化していました。

洗う度に悪化は免れない 悲痛なほどのクレンジング難民…

 

純石鹸の良いところはコスパもですが
(クレンジング+洗顔+ボディーソープを兼任してる!)
低刺激で肌の状態が悪くても荒れにくいところかなって思います。

ふわっふわにふんだんに泡立て、なぞるように洗うと…超キモチイイ。
『化粧品は値段よりも使い方』と言いますが、石鹸もそうだなーと感じます。

 

純石鹸(無添加石鹸)は探すと1個100円ほどからあり、
高いものは2000円弱ってのも…ふり幅広いッス。

色んな純石鹸を試したい!と思いつつ、
白雪の詩も4個セットで購入したので今の所これ使い続けていますね…

これです。→ねば塾 白雪の詩 2個入り×2セット
(2年は浮気してない)

一人暮らしだと 石鹸なんて全身洗っても中々減らないw

 

「よっしゃ、肌断食やんぜ!!」って気合入れなくても
コスパ最強の純石鹸はお試しやすいアイテムだと思います。

「化粧品全部、石鹸で落ちるのに変えるのもな…」って思う方。
拘りがなかったら、ボディーソープを純石鹸に変えてるのも◎
シンプルなものって良い…!って実感できますよん。
赤ちゃんみたいな香りですし。

ストイック肌断食じゃないのであれば、
他の香りのよい石鹸と並行に使っても良いと思います。
(希有は気分転換でLUSHも愛用しています)

ストイックになりすぎない
スターターチャレンジにはオススメです♪

To be Complex?




Author: 希有

都内在住のアラサーOL。 上京後オタクに拍車がかかったタイプ。 座右の銘は「転んでもタダでは起きるな」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です