危険!小顔矯正の危ない話。

先日、9回目の鼻隆矯正に行ってきました!
去年末から通いはじめて半年経ちます。
早い。早すぎる。ビックリです。

ついでに5月ももうすぐ終わるの早い。
(毎月、月末は同じようなことを言っている)

鼻隆矯正のたび、仲良しの担当Kさんから
美容や健康に関する有益な情報をいただくのですが
今回はちょっと怖いハナシ。

「こんばんは~」といつも通り笑顔で迎えてくれたKさん。
装いがいつもと違い、初めてのメガネ姿でした。

希有「今日はメガネなんですねー。もしかして花粉ですか?」

Kさんは希有と同じく、この時期は花粉や黄砂等で
アレルギーに悩む…とお話を聞いていたので、
(気管支ぜんそくの相談にもめっちゃのっていただいていました)
アレルギーが原因かな?と勝手に予想していたのですが

Kさん「いえいえ、違うんですよ。結膜炎になっちゃって」

ん?
結膜炎??

【結膜炎】
結膜炎とは、白目とまぶたの裏側を覆っている半透明な膜(結膜)が、
赤く充血して炎症している状態。
主に感染で起こる細菌性結膜炎やウィルス性結膜炎、
花粉や黄砂等アレルギーで起こるアレルギー性結膜炎など、
種類や原因は多様にある。

希有「わわ!大丈夫ですか!?
今の時期は色々飛んでますもんね…目に傷が…?(心配)」

確かに、向かって右目だけ充血している。
少し痛々しさが見られました。

Kさん「いえいえ、アレルギーとは関係ないんですよ~。

実は…
顔のマッサージで、なっちゃって」

!?
なんと…!

Kさん「この前のお休みに、エステティシャン仲間のオススメの
ボディマッサージの上手なお店に行ってみたんです。」

エステティシャンさん同士、よく情報を交換するそうで、
ボディマッサージが上手なお店を紹介してもらったKさん。
勉強も兼ね、施術を受けに行ったそうです。

Kさん「オプションでフェイスマッサージも付けれたんです。
付けてもお値段もさほど変わらないし。
せっかくだから…と思って一緒に施術をお願いしたんですよー。」

ふんふん。希有もオプション大好きです。
それで?

Kさん「担当していただいた方は女性なのですが、力が強くって!
リンパの流れをゴリゴリ流す感じの強めの施術だったのですが、
凝りのツボを得ていて、とっても上手だったんですよ~!
お得意なんだな~と感動しちゃうくらいでした。…ボディは。」

(エステというよりは整体+強めのリンパマッサージだったそうです)

Kさん「で、ボディマッサージ後に顔のマッサージだったんですけど。
ボディと同じ強さで、顔面をガンガン施術されて
施術時間もボディよりかなり短かったんですけど…」

希有「…うわぁ、痛くなかったんですか?」

Kさん「コリをほぐす、小顔矯正に近い施術だって説明を受けていたので
痛かったのですが、こんなもんなのかなーって(笑)
コルギ(韓国初の小顔矯正)も痛いですし…。
でも施術後すぐに、アレ?おかしいな?って違和感を感じて」

希有「…目に違和感があったんですか?」

Kさん「そうなんですよ~!
ぼんやりモヤがかかってて…目が重くてちょっと痛いなって。
で、眼科に行ったら結膜炎になってました…ふふ(笑)」

ふふ(笑)
じゃないです!!!
なにそれめっちゃ怖い!!

Kさん「強い圧がかかって、眼球に負担がかかっちゃったんです。
で、原因は完全にあの小顔矯正だなって。

ボディは本当にお上手だったんですけどねぇ…(とおいめ)
ボディだけにすればよかったって思いました(笑)テヘッ」

いや、ワロエナイよ、Kさん!!
幸い(?)Kさんは違和感を持ってすぐ眼科に行ったので
目薬をさす治療で大丈夫だそう。ホッ

小顔マッサージ…
希有も顔の丸さを気にして、
一時期はいろんな小顔マッサージのお店をジプシーしていました。
(今は鼻隆矯正中のマッサージで満足しているので行っていませんがね)

痛ければ痛いほど「効いた!」って気になるんですよね。
目に見える効果より “痛みに耐えた”って事実で満足するって事、ある。
コルギは未経験ですが、レビューなど読むとかなり痛いと書いてあるし…
小顔矯正は痛いのが普通なのかな?って思っちゃっています。

Kさん「目の回りの施術は避けて欲しい旨を伝えるべきでしたね~。
自分が普段お客様への施術中で注意していることなので、
他のエステの方も当然そうだと思い込んでいました。

そしかしたら担当していただいた方は、
ボディマッサージは得意でも顔のマッサージの経験は
少なかったのかもしれません。」

うーん、そうだったとしても Kさんは悪くないですよね(当然)
“担当の力強すぎて結膜炎になるかもしれない”なんて、
予想できないですよ、絶対!

余談:

Kさん「お顔のマッサージの後、
冷たいタオルをのせて冷やすことが多いのですが
アレは赤みや腫れをごまかすためなんです。
その時、お顔をプッシュされることが多いのですが要注意ですね。
眼球を意識せず、力を加えられると危険。

私が実証済みですよ~(笑)」

痛くて効果のある施術はたくさんあります。
希有も個人的に好きです。
けど、
「ここはあまり触らないようにしてください」と
伝えるのは被験者(違う)として、安全策かもしれませぬ。
特に顔はデリケートな部分も多いですしねぇ…

自称、痛みに強い子希有としては
このお話はとっても感慨深かったです…

てか怖。

To be Complex?

Author: 希有

都内在住のアラサーOL。 上京後オタクに拍車がかかったタイプ。 座右の銘は「転んでもタダでは起きるな」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です