汗を掻くことはデトックスにはならないらしい。汗

鼻隆矯正でお世話になっているRさんには
毎度毎度、色んな情報をいただくのですが、

今回は割と衝撃なことを教えていただいきました。

鼻隆矯正の施術中の雑談。
話題は希有が『運動始めます詐欺』を継続していることについてでした。
(この件は去年末から言い続けて、まだスタートしてない…およよ)

希有「とりあえずね、ヨガは始めようとは思っているんです。(何回目)
最近全く汗もかく機会ないし、ニキビも増えたし、毒素が超絶溜まってそうで…」

Kさん「そうですね~、無理なく続けられてキツクない、
初心者向けのプログラムから始めるのが良いと思いますよ。」

希有「おやすみヨガ(※)、近くで見つからないかな~。
もしくは毒抜き修業のつもりで岩盤ヨガ行ってみようかな…」
※健やかな睡眠を促す効果のあるリラックスヨガ。
希有のような運動皆無人には始めやすいとアドバイスいただいた→この記事
そして岩盤ヨガは近所にあって随時体験レッスンをしている。

Kさん「デトックスデトックスってよくいいますけど…
結局、排出することが一番の毒抜きですよ」

希有「排出って、排尿&排便??」
Kさん「そうです、そうです。
汗をかくことによる毒出しって排毒率で言うと全体の3%くらいですから

3%!??
少なっ!!!

希有「え、え、そうなんですか?でも巷では
“汗をかいてデトックス!”ってよく聞きますよね…?」

Kさん「ま、嘘じゃないですからね。3%は出してるし(笑)
でも便秘に気を付けたり、水分をたくさん撮って排尿回数を増やした方が
身体の中が循環するし、圧倒的に毒素は抜けます。」

デトックス=毒素出し率で言うと、排便・排尿の方が効率は良いと言う事実。
冷静に(?)考えてみれば、排出器官である腸や腎臓って
健康面の不調にものすごく関わってきますもんね。
(希有は腸は愛でていますが水分をあまりとらないので注意しなきゃ)
「キレイになりたいっ!」と強く思うほど、
先走って外からのケアにお金かけちゃいがちだと思うんです。
美容液はン万円だけど食事はジャンクフード、みたいな。
当たり前だけど忘れがちなこと。
美容と健康ってがっちりイコールで結ばれている…!

では、タラタラ流れてくるこの汗の成分は?ってことですが。
アンサー…汗の成分の99%は水
残りの1%に塩分やカルシウムやマグネシウム、尿素、塩素、乳酸といった成分が
微量ずつ含まれているとされています。

汗でも、サラサラしてたりベタベタしてたりしますが
それは汗中の塩分濃度が異なっており、濃いほどベタっとしています。

ほんでもって、汗は体に不必要になった成分ではなく
本来は汗腺から各成分が体に再吸収されるサイクルの中で生まれるもの、らしい。
汗の大きな役割は毒だしではなく体温調節です。
体が暑いと感じたら発汗し、冷えれば汗の量もセーブされます。

しかし、汗腺からの再吸収は限界があるため、全ての成分は体に取り込みきれず、
結果的に汗として排出されるといわれています。

ここで希有は改めて疑問に思ったのですが
人の体内のナニが毒”と呼ばれているのでしょうか?

体内の“毒=老廃物”
ではこの老廃物ってなんぞやってことですが。
食べ物や呼吸によって体内に入り込んだ有害ミネラル・や食品添加物、
ダイオキシンといった、体にとって有害物質のこと。
体内にあってもしっくりこない、果ては悪さをし始めちゃう物質ですね。

話が脱線し始めましたが(いつも通りや)
では、汗かくことは何の効果があるの?意味ナイの?って疑問。

美容的な観点から見ると、汗腺=毛穴のつまりは、汗に押し流される。
よって肌は綺麗になります。
また、汗を掻くことはリフレッシュ効果があるとされています。
リフレッシュという精神的なデトックス。
汗をかいて、キモチイイ!と感じることは心にとても良い作用をもたらします。

結論。
汗をかくことは毒出しの面では効果が低いですが、美肌効果&ストレス発散には◎
美容面だけでなく心身の毒出しにもなる!ってことでした。

排出器官をいたわりながらの組み合わせが最&強っ

私信;今週中にはヨガデビューしようかと思ってます。

To be Complex?

天然美通

Author: 希有

都内在住のアラサーOL。 上京後オタクに拍車がかかったタイプ。 座右の銘は「転んでもタダでは起きるな」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です