【整形なしで鼻を高くする】懺・鼻隆矯正。~3回目の施術~

さ、寒い。
年末年始の暖かさはいずこへ…

急激な気温差に耐えられず、周りも風邪を引いている人が多い希有です。
私は GENNKI☆(もりもり食べてるからね!)

 

さて、本日は鼻隆矯正の日。
年明けコンプレックス改善一発目、もう3回目です(時間が経つの早いなぁ。)

・鼻隆矯正1回目レポ→
・鼻隆矯正2回目レポ→
・希有が鼻隆矯正を選んだ理由

帰りがけにあったミーティングがなかなか終わらず、
時間が押したため、色んな業務を放り出し、中目黒へゴゥ。
(くそう。明日が怖い)

 

予約の時間ギリギリ…!ですが 希有は決して走らない。
何故ならば 運動不足で走ると足がもつれるし(寒いときにコケるの地獄)

駅構内を必死で走る姿…自分のも他人のも好きじゃない。

ので、ひたすらに早歩き。
忍びのようにすき間をぬって移動します。

 

そんなこんなで やや乱れた装いで登場。
本日も優しく向かい入れてくれる…接客が上品なR店。すき。
(年始早々、馬車馬のように働いてるから穏やかな空間はホント癒さます。すき)

温かいお茶をいただき、軽くお話した後(年始のご挨拶とか)
早速、今日の施術もスタート。

 

担当はここまでずっと 変わらずKさんです。
たぶん、これからも。同じ方が責任を持って施術するのでしょうねぇ。
(希有が納得いくまで運命共同体)

 

Kさんに、「鼻筋がはっきりしてきましたね」と言われました。
希有はキョトンと「??そうですか??」って感じ(反応できず申し訳ない)
自分の鼻筋の定義がわからず…なんせ生まれてこのかた持ち合わせていないのだよ。

ちょっと浮き出たってことなのかなー?
自分の実感と言えば「鼻の骨、生まれたなぁ」程度です。

…いや違う、“程度”じゃない。骨なし鼻からのスタートだった。
そう考えると出産レベルの産みの進化!!(大袈裟)

 

 

 

本日も顔のマッサージ&頭蓋骨を動かす施術からスタート。

前回もそうだったけれど、私は右側を重点的に触られます。
噛み癖や頬杖等の癖がある自覚…顔が曲がってるんだろうなぁ。
(左右対称を心掛けよう2017。)

 

 

 

で、早速ですが。

本日の施術後ほやほやの写真はコチラ。
(以下 顔面注意です!!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おお…!目と目の間(眉間)の骨が前回よりも上に出た気がします(感動)

前回もでしたが、鼻隆矯正は“自分的ちょっとずつ変化”ですね。

コンプレックスである、“鼻筋と団子ッぱなとの段差”はまだ埋まっていませんもの。
しかし 頬骨の高さも同時に施術していただいているお陰か、
横顔が少し気にならなくなってきました。

 

施術の痛さは、前回と変わらずお喋りする余裕がある程度。
けど!眉間の間をコリコリマッサージする時は痛いんですよね…!

眼精疲労のツボも一緒に刺激しているそうで。
仕上げにデコルテのマッサージもしていただくのですが、
肩もバッキバキってゆう。年明けから満身創痍。

 

前回は赤みが眉間部分に出て、少し長く残ったのですが、
今回は全く赤みが出ませんでした。

Kさん曰く、
「赤みが出る時は、最初に触った時から出ます。」
「お客様の体調なのか、骨の成長なのかは未解明なんです」とのこと。

人体の不思議です。

 

施術をを進めるにつれ、希有の鼻の骨は硬化の速度が速くなってきたそう。
なので、通うペースも2週間ほどに縮めても良いとのこと。悦いぞ悦いぞ。
(しかし 予定の関係で2月頭に予約)

 

鼻隆矯正…抜き、不向きはあるでしょうな。
繰り返しの積み重ねによる変化は劇的ではなく、
とても緩やかですから。

コンプレックス改善速度…ウサギがよいか亀がよいか。
どちらも良いところがあると思います。

もし希有が、
『誰も希有のことを知らない新天地に行く』前、ならば
ズバッと美容整形しちゃったかもしれない。

けど今の所、亀ペースではあるけれど
マッサージを受ける感覚で通える鼻高矯正で良かったなぁって思います。
定期的に美を意識する場所に通うだけでも、
モチベーションがアガル性格なのでね。
これは個人差ですね。

 



余談ですが、タイトル元ネタは絶望先生です。(アニメ何年前)
内容もさることながら OP&EDが神でした!さすが新房監督。
三期までのタイトルでしたが…(この後からどうしようかな)

 

 

明日はより、寒くなるそうですね。(急)
気合だ、気合!

 

 

To be Complex?

 

Author: 希有

都内在住のアラサーOL。 上京後オタクに拍車がかかったタイプ。 座右の銘は「転んでもタダでは起きるな」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です