恐怖!ほくろの増加…原因と対策と諸々。



年々増え続けるほくろに怯えている希有。
元々、生まれつき多い方なんですけどね。

しかし!兄弟も親もほくろは少ないってゆう…多いの、希有だけ。
ほくろって遺伝じゃないのかなー?
後天的??生活習慣???

肌に良い食べ物を探してたんですけどね。
ほくろのほうが気になってきちゃったので、調べてみました。
(お得意の寄り道)

ほくろ…
コンプレックスってほど意識はしていないのですがね、
確実に増えてるんだもん。もう増やしたくないんだもんー!!

●そもそも…ほくろの原因って?~なんだよあの点~

ほくろには「先天性」のものと「後天性」のものがあります。

・先天性→生まれつきのほくろで遺伝的な要因が強い。
両親(どちらかがでも)ほくろの多い体質の場合は先天性の可能性が高い。
・後天性→思春期を過ぎた頃あたりから発生しはじめると言われ、
紫外線から肌を守る色素細胞が外からの刺激によってできる。
後天性のほくろは増えやすいという特徴がある(!!)。

ひえええ 増えやすいってナニ!だでさえ多いのに… 
このままではオセロの盤面の如く徐々にまっくろに塗りつぶされてしまう…よよよ。

しかし、原因になる“外からの刺激”を避けることが増加を予防できるようです。

色素細胞が黒い色素の元である「メラニン色素」。
メラニン色素を含む細胞が異常を起こすと、ほくろやシミが増えます。
以上原因の主な理由は、ひっくき紫外線このヤロウめ!

紫外線を大量に浴びるとメラニン色素を大量発生させ、
しかもとても疲労した状態にあるので、新陳代謝が悪くなり
余分なメラニン色素を排出できなくなってしまう。

紫外線をたくさん浴びる=ほくろできる 
そら、そうやろって思っちゃうくらい、
ほくろ生成の最短ルートだったんですね(とおいめ)

紫外線の他に、お肌への摩擦や圧迫なども原因になります。
衣類の締め付けやこすれなど、体の同じ部分にずっと重量や熱がかかった状態は、
その部分の細胞を傷つけてしまいます。色素沈着…!

メラニン色素はこのような刺激でも大量発生するのですね。

さらに、ストレスや生活習慣の乱れやホルモンバランス崩れで
お肌のターンオーバーが正しく起こらなくなると、
メラニン代謝が滞り、留まり、結果ほくろの原因になったりも。

はい、以下が原因と対策です。

①紫外線対策をする
何よりも紫外線を浴びないようにすることが大切!
日焼け止めを塗る、日傘や帽子で直射日光を避けるetc…紫外線からお肌を守る。
15分以上、直射日光に浴びるとメラニン色素が活発化するそうです。

②刺激を与えない
体に合っていない衣類…違和感や締め付けの気になるものはゴミ箱へ。
その他に、入浴や洗顔はゴシゴシと洗ったりしないようにすることも大切!

過剰なメイクやスキンケアもお肌への刺激になり、ほくろの要因になります。
擦ったり叩いたり(パッティングも注意ですぞ)しないように心掛ける。

“洗顔は力が入りにくい薬指をで洗うのが良い”って聞いたことあります。
それくらい、お肌は刺激に敏感なんですね。

③生活習慣を見直す
睡眠、食生活、ストレス発散…
ホルモンバランスを整え、代謝をよくする生活習慣を日頃から心がけること。

結局、心身ともに健康であれってことなんですが
よく聞くわりに実生活はグダグダしてたりしますもんね。(=希有)

因みに、メラニン色素排出を促す栄養素はビタミンB6です!

≪多く含まれているもの≫
・レバー
・青魚
・バナナ
・キャベツ

年中手に入るし、安価なバナナは取り入れやすい…♪
お通しの鉄板、キャベツ×塩昆布もお家でよく作るので
これからは「メラニン排出!」と唱えながら頂ます。より効きそう。

これから春に向けて対策必須項目です。

“明日の自分の為に”をコツコツと。
アラサーだもん。10年後の自分の価値が決まるよ。

ほんっと、“美は一日にしてならず”
なんですねぇ。

To be Complex?





HTCコラーゲンDX

Author: 希有

都内在住のアラサーOL。 上京後オタクに拍車がかかったタイプ。 座右の銘は「転んでもタダでは起きるな」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です