このぶろぐのあそびかた~渋谷事変~



遭遇したので、こんにちは!

こちらは希有(kiyuu)と申します。
「To be Complex?」へようこそ。

まずは序章、あそびかたからスタートです。

突然ですが
最近、生まれて初めて「死にたい」と思うくらいやらかしたことがありまして。

「怒らなそう」「悩みなさそう」「舐めた感ある」(オイ)とよく言われる私ですが
いや、全然違うから。

ふるまってるだけ 本音と建て前
何でも のらりくらりと かわせるわけない。
(どちらかというと根に持つタイプ。)

某日。
Xデー。

長年抱えていて、どうしても溶かせない、
心の暗いところに隠した 触れてほしくないその場所を
怒り暴発のスイッチと一緒に思いっきり ズドンッと暴かれたのです。

多分 お互いイライラしてた。
初めてじゃない。
昔もあったかもしれない、相性が最悪なのはもうずっとずっと前から。

→ → そ の 結 果

年甲斐もなく渋谷の駅の改札前で大喧嘩ですよ。
渋谷事変。

泣きながら怒り散らすもんで、
人に見られるわ 駅員さんに迷惑かけるわ

どう開き直っても汚点。(完全に真っ黒なね)

きっかけは日常茶飯事な些細な事でした。
慣れたたはずの、かわせたかもしれない攻撃は
きっと いつもの私なら我慢できた。
(よくよく考えると体のバイオリズム的に 気分の落ちる時期でしたが)

その時事態は収拾しましたが
私の中の防空壕は崩壊。
やらかしてしまった自分がむき出しに自分の前に佇んでいる状態。

その日から自分がこれ以上ないくらい、大っ嫌いになりました。
恥ずかしすぎて、泣きたくて、許せなくて
まさに心の傷 トラウマ(ってこうゆうことなのかね…)

今までも、生きてて落ちるや傷つくことはたくさんあったのですが、
その度に周りの人のことを思いだしたり、先々の楽しい予定を考えると
「まだ 頑張ろう」って単純に思える自分でした。
(って考えると私の↑の印象間違ってないですな)

けど なんかちょっと違う。
思い出すと過呼吸が出て 生まれて初めて
死ぬことを強く意識しながら毎日を過ごしていました。

-暗いな。

…と、どよんとした導入になりましたが、現在、私は元気です。
暗黒期も一週間ほどで終わりました。

てかね、だんだん覚醒してきたのです。
馬鹿らしくなってきた…というよりも なんかもったいなくね?って。

どーせ死ぬなら、後先考えず湯水の如くお金を使い、
外見も内面も自分を好きになれるように色んなことしてみよう

そして 銀魂の実写映画(&最終回)見るまでやっぱり死ねないな、と。
(※私はじゃんぷ信者)

物心ついた時から心配性のケチ属性なもんで、
今まではずっとやりたいことがあっても
貯金優先(老後のこととか気がかり)で我慢=節制してたのです。

それはもう、呼吸するくらいあたりまえに
欲しがりません勝つまでは
我慢=美徳…って感じで。

お金って何のためにあるのだろう
 私はほんとに死にたいのだろか
  私の理想ってなんだろう?

自分の一部なのに
諦めていたし、面倒でもあった。
閉じ込めて 見えないようにしていた。

ずっとごまかしてたんです。
たまたま触れられて、傷ついて、人のせいにしてたけど
自分で何とかしなきゃいけない時期が来たのかもしれない。

ザ・禊。

もしくは冒険の始まり。

“時が来た”ってことにして、
渋谷事変を言い訳に
時間もお金も労力もパァーッとパァァーッと
私のために存分に使ってやる。
(老後はその時考えます。かしこ)

箍が外れた新しい私、ようこそ!

ってことで序章は以上。
苦手な方は今更ですがバックプリーズです。

このブログは冒険の書。

パーティメンバーは各コンプレックス達。
今は役に立ってないし、足を引っ張ってるし、取扱注意の存在ですが
きっと一緒に強くなれる。

私の中にある混沌としたもの達が
西遊記の孫悟空の如く
明るい場所にやっと出られたのかもしれない。

 

三蔵法師ポジションではないですが。
 

To be Complex?



Author: 希有

都内在住のアラサーOL。 上京後オタクに拍車がかかったタイプ。 座右の銘は「転んでもタダでは起きるな」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です