昔の人の信念ってすごいねってゆう。

 

赤穂浪士、忠臣蔵の赤穂にゴゥ!
時代を背負った武士に思いを馳せつつですな。

 

大石名残の松
血涙を飲んで赤穂開城を終えた大石内蔵助。
元禄14年半ばに妻子を大阪表に送り出し、自らは山科に向かう…切ない。
そこから「名残の松」と言い伝えているそうです。
(すずめ付。酉年なので)

 

伊和都比売神社(いわつひめじんじゃ)
伊和都比売大神をお祀りしている古社。
船員・漁師など航海安全と大漁祈願の信仰が盛んだそうです。
また、古くから若い男女による姫神信仰も盛んで、
縁結びや恋人を得るにご利益がある。(なんと!肖らねば。)

曇天が醸し出す哀愁よ。

 

最近は海外旅行よりも国内ふらり旅が好きです。

のんびり、のーんびり過ごしながら
美味しいものを食べる休日がとても愛おしい…
日本酒好きなので地酒開拓も楽しい。
(年取ったな)

 

何かをする度 自分の好み再発見です。
こういった まったりタイムを共有できる人いいなぁ、とか。
-つまり ジイ寄り ということ。-

 

好きなことや楽しいこと
嫌いなこと、なるべくやりたくないこと
自分を知る毎にハッキリする。

拘りが強くなったのか、自分を理解し始めたのか…
やな事もそれなりに経験したからでしょうねぇ(遠い目)

 

コンプレックス改善、自分と向き合おうと決めてから考えていたことがあります。

改善の、その後。
私は 何のために 改善するのか?

今は向き合うことで手一杯ですが、ゴールは違う気がします。
単純に、自分に自信が欲しいから。

自信が持てた その後は…?

コンプレックスには「改善したいもの」と、「利用できるもの」の二種類あることに気づいたのです。

利用できるもの…
色に補色関係があるように、意味をなすもの。
利用することで魅力になるもの。

俗にいう“ギャップ”ってやつです。
モテる要素と名高いやつ!

 

ギャップって人様から私的されて気づくことが多い。
自分のことなのに、自分ではわからない未知の魅力。

もちろん、この“他人目線のギャップ”こそ本当に強い手札なのでしょう。

でも もっと狙って確信犯的にコンプレックスをギャップ(魅力)に変えていけるのではないか。

なんでしょう…上手く表現できないのですが
天然と養殖みたいな立ち位置で。

自分では気づいていない(他人に指摘されて気づくような)、
自然に生み出されたギャップと、
自らコンセプトを持って育て、生み出したギャップ。

 

突然の飯テロ。

ご飯もとっても美味しかった。
赤穂は瀬戸内海が近いので海の幸の宝庫でして…
牡蠣をたらふく食べました。夢中で写真撮れなかったけど。
(写真は前菜=関係ない写真)

天然も養殖も どっちも美味しい。

 

自己プロデュースとコンプレックス改善を平行してやっていきたい…!
(願わくば恋愛も上手く進めたい。)

…って妄想しながら温泉に浸かってました。
(1泊でも3回は入浴するよ)

 

妄想するだけはタダです。
行動するのには労力とお金がかかるんだなぁ。

 

でも、チャレンジしよう2017。
自分で意識して、コンプレックスをプロデュースしようぜ!って。

褌を締め 改めて自分と向き合おう2017。

 

 

To be Complex?

 



Author: 希有

都内在住のアラサーOL。 上京後オタクに拍車がかかったタイプ。 座右の銘は「転んでもタダでは起きるな」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です