気になる ずっきゅん なひと。①~YOU編



メディアに出ていたら必ずチェックしちゃう人。
男女ともにたくさんいる希有なのです。

好みの外見、目の保養、ファッション、言動や考え方…

 

「芸能人!ラブ!」ってほど詳しくもなく
普段はTVよりもネット派アニメ党な希有ですが
やはり露出されている人って「おっ」てなる魅力がある。

上京したての頃は「TOKYOは芸能人のいる街!」と
自分が同じフィールドにいる気がして…ウキウキしてたもんw
(実際はフィールド階層が違うけどねん)

 

 

外見の好みに関わらず 注目人物についてつらつら書いてみる。
有名人を通して希有の色んな内面が発覚するだろう…
自分探しっぽい?w

 

 

そんなこんなで 一発目はYOUさん。

 

 

高校生の頃から好き…!
ウィスパーボイスから吐き出される毒舌とキャラ。
モデルでありタレントであり女優さんです。

 

一躍有名?になった「ダウンタウンのごっつええかんじ」、
幼少期だったからかYOUさんがでていた記憶はないのです…残念。
色んな意味ですごかったらしいですねーDVD見たい。

尖りっぷりがものすごかったであろう、当時のダウンタウンと
一緒に過ごす…尋常じゃない気がするのでw

あの飄々とした雰囲気は当時の緊張感の中で手に入れたのかなぁ。

そして個人的には、
YOUさんの方がダウンタウンよりも年上って事実が萌える…!

 

 

スポンサーリンク

外見も好きです。
アドちゃんのイラストを思い出させるようなほんわかした髪型は
くせ毛の希有は数年マネっこしていました。
(美容師さん曰く、今でもリクエストの多い髪型だそうで)

艶肌に、濃さを感じさせない透明感&フェアリー感メイクも…あらふぃふだと思えない!
希有のなかで中野明美さんメイクっていったらYOUさんなんですよねぇ。

「今はそれなりだけど、昔のYOUはそれはそれは可愛かった」と元上司が言っていました。
妖精感が半端なかったと。ジョニー・デップの元妻、ヴァネッサ・パラディの全盛期に通ずると…

いや、あらふぃふですよ現在は。
今も相当美しい。でも“美魔女”て言葉はしっくりこないんだなー希有的に。

 

モード×女っぽいファッションもね、
なにがずっきゅんかってミニスカでもノースリーブでも、
男子目線を意識するってゆう雌豹感よりも
“自分が心地いいもの選びました”って印象を与える所。

 

 

そして なんといっても恋多き女。
年下のオトコノヒトがハマる YOUさんの魅力は何なんだろう。

雑誌での恋愛相談も独特の回答です。
「所詮、他人。」と諦めることにも愛があるのかも…と
衝撃を受けたことがあります。尊重という愛のある諦め的な?

“人とピッタリの距離感”をとるのが上手だと思う。

 

 

そして希有の最大のずっきゅんポイント。
「私はお笑い枠」と位置付けているところが ずっきゅん!

芸人さんとも仲良く面倒見の良い感じや
「この人所詮オカンやで」って言われて高く留まってない感じ…

 

余談ですが。藤井隆氏と仲良しなのもよい。
(希有における隆の好感度半端ない)
(「HOT!HOT!」な吉本新喜劇時代から、ひっそりと応援していました)

叔母と甥っ子、な関係性だとか…なにそれ身内感ー!
姉と弟っていわないところがまた◎

昔TVで言っていた(アメトークだったかな?)
「四季の会」もエピソード大好きすぎた。

四季の会…関根勤、清水ミチコ、YOU、藤井隆の4人が
ワンシーズン1回はご飯食べようねってお食事会。
(という名の関根さんワールドを楽しむ会)

まだ続いているのかな…スーパー素敵会合。

 

 

 

YOUさん

芸能人ですもの、風当たりが強かったり
シングルバザーで苦労してるのかもだし
生活感もなくって誤解されそう、だけど

隠し通しているのか 浄化しているのか…マイナス感情を感じない。

飄々と笑顔で
「YOUさんだから しょうがない」って言わせるキャラ。
そこに悪意があったとしても、気にしないように見える。
するん、と受け流しそう。強く見える。すごく羨ましい。

 

 

「この外見になりたい!」というよりも
「この存在感…欲しい…!」って感じ。

多分、希有は許されたいいんだろうなw

 

どこまでも自然体の存在は憧れです。

…作文。

 

 

To be Complex?

 



Author: 希有

都内在住のアラサーOL。 上京後オタクに拍車がかかったタイプ。 座右の銘は「転んでもタダでは起きるな」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です