気になる ずっきゅん なひと。②~窪田正孝as沖田総司 編



※ただただ 希有が萌を語る記事です。悪しからず。

ストライクゾーン、広がってきたな。
と自覚している今日この頃。

そう、イケメンも続々と生まれ
希有の好み幅がだだっ広くなるのはしょうがない…
と言い訳(?)しつつ、最近は年下もイケるクチに。

昔は芸能人であっても
年上のイケメンしか目に入らなかったのになぁ。
(今考えると視野狭い)

相変わらずオジサマも好きですが。

 

で、男の年齢に関わらず 芸能人や二次元萌えする時の
傾向が希有の場合二種類あって

①付き合いたいと妄想する男
②自分が産みたい(息子にしたい)男

「えっ 産みたいってナニ!」って若干引かれるんだけれど。
(狂気を感じるらしい。WHY?) 
将来の“息子欲しい”願望からか…愛でたい対象としての好き、がある。
「狂気じゃなくて母性だよ!」と反論していますが。

好みなんて いわばライトな性癖だかんね。
しょうちのすけだよ。


で、表題の彼

窪田正孝 氏は希有フォルダ①タイプ。

大人しそうでキャピキャピしてないながらも
内に秘めた情熱を感じる所が素敵…!
意外とマッチョなのも萌ゆる。

何より、彼を知ったきっかけが
薄桜鬼 沖田総司役。

今から5~6年前?
(薄桜鬼、割と2.5次元ミュージカルの割と先駆けだったのね)

乙女ゲームは嗜む程度しかプレイしていないのですが
薄桜鬼はどっぷりハマった。w

(CV森久保さんってのも◎)

新選組を題材にしてる時点でハマる予感はしていたけど…!

二次元においてのみドSキャラは許せる希有。
『(~中略)…僕が殺してあげる。』はグッと来た(変態)

で、当時は
「薄桜鬼が2.5次元ミュージカル?へー」位で特に興味もなく。
終演後、なんとなくキャストが気になって検索してみたのです。

沖田君とのイメージは完璧マッチしてたわけじゃなかったけど
不思議な魅力と筋肉…!(←ココが大部分を占めてた)

その後
SUMMER NUDEも良かった。

臨床犯罪学者 火村英生の推理、
るろうに剣心、デスノート、
ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE…

どれも素敵だった。
しかし今でも希有の一番は沖田総司。

終演後にハマるっていう
残念極まりないスタートでしたが
それも“2次元の延長”って感じ(=DVDで画面の中)。

薄桜鬼・沖田君は他の役者さんも演じてて
どの方も素敵でグッときますが

窪田君の沖田総司は
透明に赤が混じっていくような、
狂気さ、儚さが最高に色っぽかった。

 

 

窪田君の魅力はイケメンを前面に主張せず、
容姿のパーツの個性主張も薄いところだと思う。

前髪のアリナシで印象もだいぶ変わるし

存在自体が 透明に近いっていうか、
希有の中ではザ☆お芝居する人!

ぼそぼそ喋るところも色気を感じる…きゅん。
これからも応援しております◎

HiGH & LOWも見なせれば…!

To be Complex?




Author: 希有

都内在住のアラサーOL。 上京後オタクに拍車がかかったタイプ。 座右の銘は「転んでもタダでは起きるな」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です