似合わせカットしてみた結果。



嫌な事があったり
何かを捨てて新しくなりたい時…希有によくある衝動。

 

バサァッと髪の毛を切りたい。

余計なしがらみを脱ぎ捨てて…断捨離。と同時に
長年連れ添った死んだ細胞(語弊ある)を清算したくなるのです。

 

だがしかし
都内で信頼できる美容師さんに出会っておらず、未だサロンジプシーな希有。

カラーは知り合いのアシスタント氏に練習台がてらしてもらっていますが、
カットは長年信頼している地元の美容師さんが一番。

私の生活スタイルを熟知していると共に、
美的趣味が似ているので、毎回良いようにしていただけるから。
帰省と切りたい衝動のタイミングが合わないと、なかなか難しいのですが…

都内なら巡り会っても良いと思うのですがねー運命の美容師さん。

ってことで 毎度初めてのサロン予約することになる。
「失敗したらどうしよう…」とか思わなくないですが、
新しい時分を求めて冒険したい!って気持ちが強かったり。
(特に衝動に駆られている時は)

今回は “似合わせが得意!”とサロンページに記載がお店にゴゥ。

この“似合わせ”という技術に、前から興味があったのです。

 

 

担当は同年代の女性の美容師さんでした。

希有における髪型の原則、
・朝が楽チン
・顔が小さく見える
・子供っぽくならない(童顔の為年齢不詳は回避したい所存)

…などなど。コレは嫌!って事を伝えたら、
あとは「好きにやっちゃって」の如くお任せしました。

美容師さんってほんとすごい。

長丁場の接客業だし、技術もだけど話術もだし
(作業しながら会話って集中力ハンパなさそう)
お休み少ないって聞くし、同業者多いしさ…

素敵な人が多いですよね。
店内ファッションチェックが楽しみ!
スタイリストの皆さまは若いのに落ち着いてる。
厳しい修業時代の中で培った雰囲気なのかな。

 

 

スポンサーリンク

 

 

で、希有のアフターはというと(写真はないよ)

唇位までの長さのショートボブ。
シルエットは丸いけど裾は割と切りっぱなし気味で、
前髪はアシンメトリーで眉上から流れるようになスタイルに。
片側だけを耳にかけるように勧められました。

おおお、イメチェン…!(と思った。)
モード寄りのクールな雰囲気。

顔が童顔なので甘辛具合がちょうど良いかも。
耳に大きめのアクセサリーを付けるのも定番なので、目立ちそうなのも嬉しい◎

これが私の似合わせ…!

周りの評価も上々でした。
「大人っぽくなった」とやたらいわれる。(既に大人だけど)

カラーは変えてないのだけれどね。メイクもいつも通りなのに。
髪型のシルエット=額縁の形 が変わった事で、中の絵が違う雰囲気に見える現象。
(髪型ってよく顔の額縁って言われてますよね)

今まで“くせ毛を生かしたふわふわ系”を進められることが多かったので
総じてとても新鮮でした。

 

ので、結論!
似合わせカット、やってみてよかったなーと思う。

し か し!
美容師さんとの相性もあるだろうと思いました。

てか凄いよね?出会って数分でイメージ掴んで、
さらに その人に似合うようにカットしなきゃいけない…
女の命の髪の毛の運命をその手に託されている。責任重大。
(そのわりに丸投げの希有とは)

てか、
そもそも 似合わせってなんなのか?(今更の原点復帰)

凄まじい洞察力が必要なのでは…!?
“似合わせが得意な美容師多数♪”とかよく見るけど、
そんなにみんなが持っているスタンダード技術なの?w

 

いや、結局は美容師さんとの相性…てか好みだろう。
異性ならば実直に反映される気がする。

「似合わせ、失敗したー!(涙)」ってレビューも少なからず見たし。
(失敗ってどのあたりなのかな…前髪切りすぎた的な?)
(くせ毛が卍解されたとか?)

 

…と色々思ったので
知り合いの美容師さんに聞いてみた。

「似合わせって、何を軸に似合わすの?」
セオリーなのか、感覚なのか。

 

 

 

To be Complex?

 



Author: 希有

都内在住のアラサーOL。 上京後オタクに拍車がかかったタイプ。 座右の銘は「転んでもタダでは起きるな」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です