メンクイを自己申告するならば…

友達の数は決して多くない希有。
女子、男子、ジェンダーレス…オタクでも非オタでも、
皆 ようようにキャラが濃いと思う。

細かいことを気にしたり偏見を持ったりしていない。
“イイヤツ”なのです。恵まれているねぇ…

でも何故か残念な友達がいる。
彼はI君。顔はイケメンの部類に入るだろう。
(NEWSの手越君に似てる)
中小企業の営業マンとして…頑張っているのも知っている。

しかし!ここんとこ数年彼女がいない。
彼女どころか、新たな知り合い=女友達も更新していないのである。

対象をメンズに衣変えしたワケでもなく、
本人は超っ絶!出会いを求めているのだがね…結びついていない。
イイヤツって解っているけど やりにくいのだ。

I君は自他共に認めるメンクイなのである。

【メンクイとは?】
面食い。器量好み。
顔立ちがよい人ばかりを好む人のこと。

I君本人もイケメンなので「お前が選り好みすんなよ!」
なんてツッコミは周りも入れないのだが…ね、

メンクイをさ、堂々と宣言している人に
友達を紹介したくなくないですか?

ここで最近I君と会った時に聞いた、
希有がドン引きしたエピソード(笑)をシェアしたいと思います。

彼女が欲しいが出会いがないI君は相席屋に行ってるらしい。
(希有も行ったことあります→レポ)

相席屋はランダムに男女が個室で飲めるシステムで
年齢や男女比は多少考慮されるのですが、
どんな異性が来るのかは部屋に入るまで全くわからない。
一緒に飲む時間の制限も厳密にはない。
(よっぽどの場合は男女共にチェンジもありらしいです)

メンクイのI君は、時間を無駄にしない為に
相席屋で出会った姫君たちの顔面を一瞬でジャッジするらしい。
(この段階で話を聞いていた希有たちは引いていた)

し か も !
I君のお眼鏡に叶わなかった“ナシ”の姫君たちには
「刺身のパックにタンポポを乗せる仕事をしてます」だの
「最近まで実は引きこもっていて…」だの
「ゲッ!」って思われる自己紹介をし、
女子が早く切り上げたくなるような男を演じるらしい。



まぁ相席屋のシステムはお会計は男性持ちだし…?(女子はタダ飯)
効率を考えちゃうものなのかな…
と、100歩譲って考えてみたけど

いやいやいや!
オイお前!!まじ失礼なやつだな!!!

(刺身タンポポは笑ったけどさ!)

はぁ…所詮メンクイのヒトって
顔面がクリアしないと真面目に話もしないんですか?
中身を知ろうとしないんですか?ってなりました(怒)

でね、I君の何が残念って
その失礼なメンクイエピソードを希有たち女友達に話しちゃうとこだよ。

男子禁制の女子会はらば、
同じレベルの毒トークが繰り広げられる事は多い。
(なんなら もっとゲスい話もよくありますよね?)
今モノ申している 厚顔&上っ面がよい希有だって 
中身は果てしない闇毒が渦巻いており、どばぁっと吐き出したりするし…

でもそれって同性同士だから見せられる裏事情ではなかろうか。
異性の前では言わない&見せないのがマナーでしょうが。

I君の話を聞いて、希有はとっても不快でした。
だって、自分も“ナシ”の姫君たちと同じ立場になる可能性があるじゃん?
メンクイ男子に、容赦なく切り捨てられる裏事情なんて…オエエ。

希有たちが仲の良い女友達だから、最近の笑い話の一つ的なネタとして、
悪気もなく話してくれたのだと思うのですが。

これ、喋りすぎないメンズがモテる説…が立証されたなって感じました。
“喋りすぎない=余計なことは言わない=嫌われない”
って法則ですよ男子諸君!

この相席屋バナシを聞いた希有たち女子は
今後、I君に自分の大切な友達を紹介することはないだろう。

そして、I君のこのエピソードは最低男伝の一つとして
本人が望まなくても女子ネットワークで広がっていくだろうな…
(イコール、もう周りからの紹介は見込めないだろうね)

異性の悪口って要注意。
本人やその周りの悪口じゃなかったとしても、
聞く相手を嫌な気分にさせてしまうことが多いものです。

てかさ、そもそも
聞く相手が悪口を言っている自分をどう評価してしまうのか?
想像したら…安易に言えなくないですか。
悪口言ってる自分なんて 醜いに決まっている。

これは教訓でもあって。
異性への鬱憤は同棲同士ですべき。
尚且つ、口の堅い人にしかしちゃダメ。

そんでもって、メンクイについても思うところアリ。

希有だって異性の選り好みはします。ええとても。
相手の外見や身なりが嫌で別れた過去を持つ人種です(最低)
ので、I君のことを100%悪とは言えないけれど。

でもね、メンクイを自己申告するならば
“何のためにメンクイ申告するのか”を考えてからすべき
だと思うのです。

とりあえず出会いが欲しくって色んな人に紹介を頼みたいならば
メンクイであることを伝えない方が、窓口は圧倒的に広がるのではなかろうか。

だってさ、メンクイの人に
「女の子紹介して」と頼まれたら…めっちゃ気が引けませんか。
自分が可愛いと思う友達がNGだったら…?とか思うと
不快だし、ハードル上がってよくわからぬプレッシャー。
(大切な友達を傷つけられそうだし、そもそもお前自分の顔orz…ってなる)

よって 紹介を頼まれたとしても流すかもね。希有なら。

『私(俺)、メンクイなんだよね』って申告されると
その人がどんなに外見が良くても、優しくても、仕事できても、
(人を見かけで判断するのか…)と、
大半の人は残念な印象を持ってしまうだろう。

逆に、自分が紹介を頼むときはどうだろう…?
自分の好感度は下げずに、なるべく数多く、
願わくば、好みの人を紹介して欲しいですよね。(欲張りか)

もし希有が『どんな顔がタイプなの?』と聞かれたら
「メンクイじゃないけど好きな顔はあるよ~!
ふり幅は広いけどね…高橋一生も好きだし大泉洋も好きだからねぇ。」
って感じで、外見の好みのハイ&ローを混ぜて答えます。
(ローのお顔ももちろん好みの顔で!嘘は伝えないことです)
(余談:希有の中で大泉洋はローじゃないです。好き)

自分の評価も落とさないし、紹介してくれる人も気楽になれると思います。
ふり幅は大きい方がネタとして面白いと思う。
いつでも答えられるよう、予め用意しておくのが◎

I君のエピソードから始まり、メンクイについて語りましたが。
(I君、知らない所でこんなに毒づいてごめんよ)
(でも君はイケメンだし面白いから…きっと彼女ができる。祈ってる)

ぶっちゃけ、自分に自信があるのならば…お好きにどうぞ★って感じですがね。

To be Complex?

今やらないでいつやるの?婚カツ!!

 

Author: 希有

都内在住のアラサーOL。 上京後オタクに拍車がかかったタイプ。 座右の銘は「転んでもタダでは起きるな」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です