オタクですが普通の婚活もしようと思う。




party★party

猛然としました。ハッと気づかされた。
残酷なようで当たり前の事実、

“今が一番若いんだから”

 

 

戒めのブログにて前出の菊乃さんの著書の言葉です。
理解しているようで、全く意識していない現実ですよね。

昔 自分は本気でサザエさん方式時空にいると思っていた希有。
いや もうさすがに思ってないです。
まぁしかし オタクの特性上、妄想内では高校生だったりしますがね!(痛)

 

 

 

恋愛市場で若さは武器です。

希有は恋愛をサボっていた期間があるんです。

その時の自分の決断から
素敵なことや大好きな友人たちに出会えたので後悔はしていませんが
どことなく残念に思っているのも正直なところ。

取り戻せない時間だよな…と今更思います。

女子会でよく聞く言葉NO.1ワード「出会いがない」
禁句ですよね。“私モテてない”って意味に当たる。
婚活前はめっちゃ言ってましたもの…!
モテないから、恋愛市場の現場にいないから、出会い方を忘れてる。

そして無情にも年齢を重ねると昔のようにはいかない。
目の前にあった扉が次々と閉まりはじめ、
およびでない…門前払いになってくる。

ひょぇぇぇぇ
もう片足突っ込んでる感あるから!
焦ってるから!!!

 

 

ので、希有みたいなアラサーは下品にならない程度に
ガンガン球数打たなきゃって思います。

いずれ もーっとBBAになったら
球打つ力もなくなるし 当てるべき的も減っていくって知っているから。
まずは出会って友達になる為に…!

 

 

オタク婚活を中心に行動していたのですが、
パーティーに行ってみてわかったことがあります。

・わりとガチな人が多く逆に話が噛み合わなかった(レベルが違う)
・私と同じように、オタクを趣味の一部と捉えてる人と出会いたい
・オタク以外の属性で、希有の生活に欠かせないポイントから場所を絞ろう

…と。案外、私オタク以外の部分を重要視するかもって…!
行ってみて発見した自分の求めるものですね。

ので、オタクという属性に絞らず、色んな出会いの場所に足を運んでみようと決意。

 

 

昔から“偶然の出会い”なんてなかった希有。
紹介とか飲み会とか…人を介して今までは出会ってきました。

なので今も仲の良い友達の友達…など、信用できる人の紹介で
自分と属性が近い人と出会えたらなって心底思う。

友達にも、
「いい人が居たら紹介して欲しい」
「私と合いそうな人が居たら教えてね」
と伝えてあります。

でも みんな多忙なのである。
四六時中、希有の相手探しを念頭に
日々生活しているわけじゃない。(そりゃそうだ)

「○○ちゃんがいい人探してみてくれるらしいし…
気長に待ってみよう」(一年経過しました)ってあり得るから。

大好きな親友たちに、盛大な“婚活宣言”をすると共に
ひとりでできるもん!な出会い探しも並行に行おう。
貪欲。それが大人なのである。

 

 

ガッついてるなー自分…とふと悲しくもなります。
各先輩たちから言われてきた言葉「出会いは年々減るから」も
呪いのように身に染みる。

 

実は希有の恋愛人脈は数年前に一度リセットされてしまいました。
この年齢でっ…振り出しのに戻ってしまったのです。

べ、別に最初の村でも楽しく暮らせるんだからっ!とも思いますが。(ツヨガリ)
実際、周りの友達のお陰で楽しく充実した日々を過ごせていますし。

親友たちには彼氏や旦那さんがいる。
今いない子も、いずれはできると思う。
周りに既婚者が増えたら。
子供ができ始めたら。

今と同じような遊び方はしなくなるだろう。
その時 希有は誰といるんだろう?

今のままでは ひとりぼっちになるの 目に見えている!!!
(辛い現実を想像できるんや…妄想力舐めたらあかん。)

掘り下げると闇深いアラサー独女。

 

 

市場に出回っている数々の婚活ツール…
ほうら、みんな出会いを求めているではないか。
フリーの今だからこそ、色んなツールを楽しめるんじゃなかろうか!と
無理やり思考をポジティブチェンジ。

 

今一番 若い私がすべきこと。
行動すること。

 

To be Complex?





Author: 希有

都内在住のアラサーOL。 上京後オタクに拍車がかかったタイプ。 座右の銘は「転んでもタダでは起きるな」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です