オタクカップル考察その2~オタク女子×前ノリ男子~②

コレの続きでっす。

【完結】オタクカップル考察1
~オタク女子×非オタ男子~ 

希有がOちゃんとと友人を介して友達になった時、
もうすでにR君と付き合っていました。

Oちゃんには人見知りを発動されていた希有ですがw
R君は最初から話しやすかった記憶があります。
不思議だけど、初対面から
なぜか緊張せずに話せる人っていますよね。男女共に。
R君はそんな感じです。

他の人と何が違うのかな~?空気感?
言葉では言い表せないかも…(これも興味深い案件ですねぇ)

超・超人見知りで、新しい出会い自体が苦手なOちゃん。
長く付き合っていた元カレと別れた時は
『一生ひとりだろうな』と腹をくくり、
一人でオタクにどっぷりつかるのもよい人生だ…と
本気で思っていたそうです。

尼~ず(by海月姫)さながらの忠臣があったのだろう…


(アニメも映画もどっぷり見た大好きな作品です)

好きなことにどっぷり。
それも素敵。良き人生かもですがね。

しかし、その覚悟(?)をよそにOちゃんは新しい彼氏ができます。

R君はOちゃんの学校の先輩でした。先輩後輩の関係。
んでもって元カレのことも知っている、
共通の友人であり内輪仲間でした。

Oちゃんと元カレは『友達に戻ろう』と円満離別。
ですが、お付き合いン年…と長ーーい期間付き合っていたこともあり
別れた時、周りの友達は盛大にOちゃんを心配したそうです。

“大丈夫?”って。

Oちゃんは『お互い納得して別れたから大丈夫だよ~』と、
周りに明るく振る舞っていたそうです。
それ偽りのない本音でした。

でも円満離別ってさ、難しい。
問題があったから、どうしようもない不満があったから
別れを選んだ。のが事実ですもんね。

Oちゃんと元カレは元々仲が良かった友達でした。
R君だけでなく共通の友達も多い、内輪の仲間。

友人たちは自分を心配してくれている。
けれど、自分が元カレに感じていたた“不満”を
共通の友達たちに言ってもよいのか?
“友達に戻った元カレ”の、悪口を言ってもいいのか?

Oちゃんは ホントのトコロ は言えませんでした。
付き合ってたから知ってる元カレの言動についてを
友達とはいえ話してしまうのは、
なんだかフェアじゃなく感じたそうです。
(元カレ氏はどうだったのか気になる所だが)

希有は別れて友達に戻った経験がないので(不可能なタイプ)
どう行動するのかが正解なのかわかりませんが
相手が内輪仲間だと、今後顔を合わす機会があるのかもしれないし
下手なことはできなさそうですよね…うーん。



Oちゃんの元カレとも仲の良かったR君。
本人から別れたことを報告され、心配してOちゃんに連絡します。
別れのダメージもさながら、元カレ氏の悪癖も知っていたR君は
Oちゃんが傷ついているのではないか…と想像したそうです。

R君は真面目でとても穏やかな性格。
上下関係なく誰とでも仲良くなれる“安心感”のある人です。
人見知りのOちゃんでも気軽に話すことのできる先輩でした。

R君の突然の連絡にびっくりしたOちゃん。
(だよね。先輩後輩の関係だったんですもの)
心配してわざわざ連絡をくれたことが、とても嬉しかったそうです。

しかし、R君と元カレが仲良いのも知っていたので
心配してわざわざ連絡をもらったものの、
Oちゃんは自分のモヤモヤを聞いてもらうことに躊躇しました。

当時、R君は地方の支店で働いていました。
学生時代のメンバーとは相変わらず仲がいいものの、
頻繁に会えない“外れた”場所に住んでいました。

R君と元カレが今でも仲のいいのは重々承知。
(別れの報告を本人から聞いてるくらいですからねぇ)

R君は真面目で信用のできる人で、
今は共通の友達たちとは離れた場所に居る…

Oちゃんは自分のモヤモヤを聞いてもらおうかな、と思ったそうです。

To be Complex?

Author: 希有

都内在住のアラサーOL。 上京後オタクに拍車がかかったタイプ。 座右の銘は「転んでもタダでは起きるな」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です