オタクカップル考察~オタク女子×非オタ男子~①



思春期は隠れオタクだった希有。(何度も言ってますが)
オタクであることは隠さないと、恋愛はできないって思っていました。

好きなこと=オタクであることはアイデンティティの一つなのにね?
当時はもーーーっと自分に自信がなくって
“オタクであること”もコンプレックスだったんです。

時は流れ2017年。
今、日本のオタク文化は世界的にも力を持っています。
音楽やアートetc…サブカルチャーとして、オタク文化は肩を並べていて。
今の10代は“オタクを公言すること”のハードルは下がったんじゃないかなぁ?

希有のハードルといえば、それはそれは ガクンッ と下がりましたよ。
職場の上司まで、希有がオタクであることを知っている。
(口の軽い人がバラしたってオチですが)
(オタクの多い職場なので偏見がないのがありがたいです)

上京したってのも影響が大きいです。
東京はオタクに優しい場所だと思う。(誘惑も多いけど)

でも!いくら生ぬるい時代になったとはいえ
アラサー希有と同世代は 本能を押さえた過去を持ち、
オタクをくすぶっていた隠れオタク世代残党がいるハズ…!

隠れオタクしてた人って、
どーでもよい人(モブ)には何て思われようが平気に成長できたとしても
やっぱり気になる人には良く思われたい故、
オタクであることを開けっ広げにできなかったりすると思う。

だって 隠れてオタクしてた事実の根本には
“バレたら気持ち悪いって思われる”って恐れがあったからだもの。

けど、同じように“オタクにコンプレックスを感じてた”経験がありながら
オタクのまま ありのままに 恋愛している友人たちが希有の周りに何人かいます。

『オタクのまま恋愛できたし、希有にもみつかるよ。』と
身をもって(?)教えてくれた身近な友人カップルたち、
オタクのままで恋愛している彼女たちの考察記録、その①です。

~オタク女子×非オタ男子~

学生時代の友人でもあるMちゃん(アラサー)。
卒業後は希有と同じく上京し、都内でOLしています。

・服装はカジュアル×スカート派。
・赤やオレンジなど暖色が似合う印象。
・スレンダー体形。
・外食派。料理はほとんどしない。
(希有の日本酒&パクチー仲間!)
・掃除も苦手と公言。

一見、オタクに見えないMちゃん。
外見にも気を遣うし、メイクもちゃんとしてるからねん。
ザ・隠れオタク!って感じw

喋り方もほんわか系でオタクみはなく、全体的に女の子っぽい印象です。

そんなMちゃんのオタク属性は、
・コスプレイヤー。
・好きなコスプレイヤーさんもいる。(写真集買う)
・漫画は少年誌派。
・アニメはまとめて一気見。
・歌ってみた、踊ってみたが好き。(旧ニコニコ民)
・好きなBL同人作家さんがいる。
・ゲームはアプリで乙女ゲームぐらい。

…てなかんじで割と濃いめw
そして興味の赴くまま自重せず、手広ーくオタクしている感じ。

でもでも、経済観念はしっかりしています。
欲望のままにグッズ買うタイプじゃなく、
「…欲しいけど、これは我慢する」的な選択ができる子です。
だからお家もアニメグッズに塗れているわけではなく
ひっそりと同人誌が大量にある感じです。

そんなMちゃんの彼氏は 非オタ君。
職業はサラリーマン。
国民的アニメを嗜んでる程度(ワンピースだけは愛読!みたいな)
趣味は仕事もあってゴルフだそうです。

多分、彼はMちゃんに出会うまで
オタクにはこんなにいろんなジャンルがいるってこと…
知らなかったことでしょうな。(そして自分の彼女はオタク網羅系)

希有にとってカップル考察で一番気になるのは、
ずばりふたりの出会い!なんです。
「どこでオタクを許してくれるメンズと出会えるの!?」と
常々思っているのです。
(そしてその延長戦状にある…どこでオタクってバラすかって問題も)

オタクに見えないオタクを目指してる分、
ギャップ萌え☆を狙ってもいる希有ですが(今の所上手くいってるかは謎)
バラした後の「まじ?引くわー」って展開はなきにしもあらず…
(実際 オタク無理!って男子にもたくさん出会ってきているので)

2人の親密度にもよると思いますが
成功率は確率はごぶごぶじゃないのだろうか?

party★party

で、で。
希有の気になる Aちゃんと彼氏さんの出会いは…なんと仕事関係。
「わー 普通のカップルルートと一緒じゃん!」と
普通過ぎて希有はおったまげた。
だって2人はオタクな業界で働いているわけじゃないからさ?
ITとかPC使う系でもないし…!

彼氏さんは仕事のお取引先の人だったんだって…!

だってこちとら、わざわざ“オタク専用婚活”へ
出会いを求めて参戦しているのである。(→参照)
だって、そーでもしなきゃ
“アイデンティティを殺す付き合い”になるって思っていたのだもの。

To be Complex?





Author: 希有

都内在住のアラサーOL。 上京後オタクに拍車がかかったタイプ。 座右の銘は「転んでもタダでは起きるな」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です