オタクに恋は難しい…?(オタク婚活に参加した話③公開処刑編) 




party★party

公開処刑…
なう。

①回転寿司方式で全員と会話(1人あたり5分程度)
②休憩
③メンズから気になる人を選び、会話
④女子から気になる人を選び、会話 ←今ココ
⑤フリータイム

「アプローチ、スタートです!」

メンズは中央に集められ、
気になる人を女子が自分の席まで連れてってくれるのを待ちます。

・・・

数秒の沈黙の後、
おにゃのこ達がちょろちょろ動き出す。
そう、ここは人の目を気にする場ではないのだ…
オタク婚活会場だ!

 

この瞬間 恥ずかしすぎて
「もう二度と来るか」って思ってました。w
(「アプローチ、スタートです!」って掛け声ヤだった)
(ちいさいなじぶん)

 

 

で、そんなヘタレ希有はどうなったかというと。

先ほどの時間お話していた人とお話しすることに。
「すいません!続きのお話ししませんか!!」と
ありったけの勇気で声をかける。
(群衆の中でも目の前にいらっしゃったし…ありがたや)

 

何より、早くこの微妙な空気感をなんとかしたかった。

事実、話がやや中途半端になっていたので
(オタク話<お酒話してました)
(希有は日本酒LOVERですのんべえ)

 

この④は私的に結構なMPを消費したターンでした。

好みの人、友達になりたい人がいなくても
途中退場は基本的にナシだし、
もし、話したい人が1人もいなかったら
どういう選択とるのが正解なんだろう…?

あなたはどれ?

1.とりあえず話せるメンズを探す(私)
2.ロンリーウルフ(スマホ隊)
3.女子と百合フラグ(友達増えそう)
4.スタッフさんと話す(モノ申す…のか?)
メンタル、強くなりそう。

 

その後、

女子が動けずに居たら、メンズからの移動も可能でした★
(それもアリなのかい!)
(私の勇気とは)

 

周りの方々はというと、
③でお話してたメンズと話す方、
違う方と話してる方半々くらい。

③気になる人を選びの時もでしたが、
1人の女の子に数人のメンズ(逆ハー)構図もチラホラ。

 

 

が、

選ばれなかったメンズ達は、固まってメンズのみの島を作ってたり。

メンズ比率多かったし…ね?

 

 

 

私といえば変わらず③の時の方とお酒の話をしていました。
(お酒好きな方は食べ物ネタはオススメです!)
オタクヒエラルキーも似ていたので喋りやすかったです。

 

 

※因みに…
オタク婚活参加者さん(メンズのみ)のオタクレベル

男性のみなさまのオタク度ですが、
コミケ出展レベルの方から、
国民的作品ワンピースが超好きで、
他のアニメ漫画は全く知らない…(私にとってはリア充枠や)
みたいに、とっても幅が広かったです。
初期のガンダムだけ好きです!みたいな40代後半の方もいました。
わりとピンポイントに貫いてる系。

あと、職業は“ハイスペック”なだけあってみんなちゃんとしてた。
某有名企業や自衛隊員もいらっしゃいました。
さすが日本、あなたの会社にもオタクは蔓延っていることでしょう…

BY希有調べ

 

 

自分は常々思うのですが、上には上のオタクがいる。

一般リア充から見たら私は立派なオタ女ですが
神レベルの蔵人オタクの方々についていけるかは不安です。

 

なので、
“自分はどれ位のレベルのオタクと付き合いたいのか”を
明確にするべきですな。
無理して上級ヅラしたり逆に隠したりしても意味ない。

私はオタク前提+美味しいものの話ができて調度よかった。

 

 

 

 

 

 

その時、

「私も一緒に良いですか?( ´艸`) 」

おにゃのこA が あらわれた!

 

 

 

 

他の女性が酒乱ZONEにいらっしゃいました。
フリータイム、もちろん乱入もアリです。

こういうの(乱入的な)はきっと、
オタク婚活に限らず恋愛市場では茶飯事のハズなんですが

私はどうしてよいかわからず、恐縮して圧倒されて
話せなくなってしまいました。(ATフィールド発動)

昔から色恋沙汰に友達が絡んでくると一気に引くタイプ。

 

 

 

てか乱入なんてTVのお見合いパーティみたいうぷぷ。
とか思ってたけど

 

ここはオタク婚活フィールドでしたね!

おにゃのこAさんのお話を聞くターーンに突入。
ここじゃなかったら、普通に友達になれそうな方でした。
(百合フラグ)

 

 

 

④女子ターンの後は
⑤最後のフリータイムです。

男女どちらからのアプローチが可能。

私は結局、また③からの方とおしゃべりしてますた。
(最後の最後に新規開拓なんて私には経験値が足りぬのだよ。)

 

多分、お互いちょっとめんどくさくなっていたんだと思う。←
かといって、せっかく来たのにな~みたいな気持ちもあり
ロンリーウルフ状態はもったいない気はしてて

同じくらいのオタクレベルで、お酒の話で盛り上がった
=友達になれそうな人。

 

似たもの同士だったんですねえ。

 

 

 

 

 

 

To be Complex?

 



party★party

Author: 希有

都内在住のアラサーOL。 上京後オタクに拍車がかかったタイプ。 座右の銘は「転んでもタダでは起きるな」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です