オタクに恋は難しい…?(オタク婚活に参加した話④最終章あれから…編) 




party★party

最後の⑤フリータイム後は
“気になる人に投票する時間”

休憩を兼ねた投票タイムですが(かねてないよ)

ふー!ひといきー!
って感じじゃない。よな。

 

完全に、オタク婚活パーティーの最終ミッション。

 

 

投票は、
ペア(カップル)になりたい方を第3希望まで記入するとのこと。

「志望校みたい~。」と若干懐かしい気持ちになりつつ、
「何人も書くの…?」って思っちゃった。

小学生低学年のおませな希有は好きな人が何人もいた。
立派はアラサーなう。

一回の出会いに欲張りになるなら、
漁網を多方向に撒かねば勿体無いのかな。(お金や時間が)

たしかに もう二度と会わないかもしれないもん?

 

 

…と感じつつ
もちろん、無記名も可です。

 

 

 

 

で、

運命のカップリング結果発表。

皆の前で婚活スタッフさんが読み上げるので
参加者全員が、誰と誰とがカップリングになったかを把握するスタイルです。

 

その後は先ず女子から退場。
(ストーカー的トラブルを避ける為だそう)

カップリング成立した女の子は、出口外で相手を待ちます。

 

 

で、メンズも続いて退場。

そそくさと帰る方、同性同士で仲良くなる方も★
友達と2人で参加していた男女が、グループで出て行く姿も見ました!

やっぱり気の合う方に出会う可能は高いのかな^^?
いざ、恋愛ってなると別次元なのかもだけれど。

散り際も参加者それぞれです。十人十色。

 

 

 

 

 

 

私は…と言いますと

 

 

お酒の話で盛り上がった方とカップリングが成立しました。

投票の名前もその方しか書きませんでした。
(そもそも他の方と話してなかったし他に選択肢もなかったのですが)

「ガチで 早く 彼女!」って感じではなく

転勤したてで、オタク友達がいないんだよねーって雰囲気が
まずは友達から仲良くなれそうだなって。

この婚活パーティが、
「本気で結婚相手探してます!」系の趣旨やったら
気軽な気持ちで名前書けない(投票できぬ)と思う。
一票の重さが違う。

きっと 無記名だな。

私達は会場の近場でご飯食べに行き(散々食べ物の話したのでスムーズ)
LINEを交換して帰宅。

無事、オタクな飲み友達をゲットしたのです

 

 

 

 

 

【感想&考察】

・出会いの空間だからこそ、相手との温度差&モチベーションの相違の見極めは大切である。
・オタトーク以外で異性に聞きたいことは予め準備しとくべき。
→休日の過ごし方は、その人との付き合い方が想像しやすいと思います!
→好きな食べ物ネタは鉄板です!気軽に次の約束に繋げられます。

希有の一番の収穫は
色んな異性と話すことで自分の好みのぼんやりしてた部分が濾過されたことです。

当時の希有は恋愛市場からほんっとに長期間遠のいていたので…
自分のことがよく理解できていなかったんです。

自分の好みはもちろん、どんな人と話しやすいかとか。
苦手な人への接し方のヒントもありました。
緊張し反省した分、勉強になったなぁ。

実践に勝る訓練はない。
コミュニケーション能力のレベルは数時間で確実に上がったであろう。

なにより理想図がハイビジョン化しました。あっぱれ!

 

 

オタクの婚活パーティについて。
参加を躊躇っている方、いらっしゃると思います。

私も、「婚活パーティって…!w」と思ってました。
何か出会いにガッついてるイメージがあり、自分が焦ってるみたいで…
参加することが恥ずかしいと思っていました。

初対面の異性と話す機会は久しぶりで緊張したし、
上手く会話が弾まない方もいたけど。

希有は行ってみて良かったです。

 

あまり異性と話す機会がない方は特に、リハビリにオススメです。
「うぇぇっ」ってなっても持ち時間は3分だもん。ウルトラレベル!

で、

どタイプ!って人じゃなくても、友達になれそうな人に出会ったら、
カップリング成立しても良いんじゃないかなー?と。

なっかなか、どんぴしゃな人なんていないし。
(私は二次元にしかいない。)
もちろん、相手の方も同じようなスタンス前提ですね。

 

 

 

この話は一年ほど前の出来事です。

現在はオタク婚活ももっとフランクで
街コン等でも「オタク限定」「アニソンカラオケ」みたいな色んな企画を見かけますよね。
エヴァコンも参加したかったな…!

オタクであることを受け入れて欲しい、という気持ちは
男女ともにあるから 出会いの場需要は増え続けていますな。
オタク楽しいもん。やめられないよねー!

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんでもって、その後のその後。

カップリング成立した方とどうなったかというと…

何度か美味しいご飯を食べに行ったり
オタクっぽくないデートをしてたり…
とても素敵な関係だったのですが

 

仕事の転勤で離れてしまいました。

 

 

とっても良い思い出です。

 

 

 

To be Complex?

 



party★party

Author: 希有

都内在住のアラサーOL。 上京後オタクに拍車がかかったタイプ。 座右の銘は「転んでもタダでは起きるな」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です